イゾリーナ キッチン 加藤 一真 イゾリーナ キッチン 加藤 一真

INTERVIEW

東京でイタリアンの
仕事がしたいという想い

イゾリーナキッチン

イゾリーナ
キッチン

加藤 一真

イゾリーナ キッチン 加藤 一真

専門学校の企業説明会でグラナダの事業内容を聞き、以前より東京でイタリアンの仕事がしたいという想いと、スペイン・和食・鉄板焼きなど多業態展開をしていると知り、イタリアン以外の料理を学ぶチャンスもあると感じてこの会社で働いてみたいと思いました。

現在勤務しているイゾリーナは和気あいあいとした雰囲気で、チームワークがとても良いです。ホールとキッチンとお互いが協力し合っていて、皆で良いお店にしたいという気持ちがとても強いと思います。
お客様から「美味しかった」などの反応が頂けた時にとても嬉しくやりがいを感じます。逆に常連様より「今日は塩が薄かった」という声を頂くこともありますが、反省と今後の課題としてありがたく受け止めています。何よりも怪我もトラブルもなく1日を安全に無事に終えた時に何とも言えない充実感を感じています!

技術面、精神面で支えになってくれたシェフとの出会い

入社した時、学生と社会人では1日のリズムが全く違うので体力的にとても大変でした。 ただイタリア料理の基礎も何もない状態だった私に、1から仕事を教えてくれて、技術面は勿論のこと、精神面でもとても支えになってくれたシェフとの出会いは何物にも代えがたい出来事だと思っています。 注意されてばかりで辞めたいと思うこともありましたが、シェフに認められたいという想いと、頑張っている自分の姿を見てくれている人が必ずいるんだと考え自分を奮い立たせて頑張ってきました。辞めずに続けてきて良かったですし、今は当時の苦労が思い出せないくらい日々充実しています。やりがいのある環境にいることが、全て繋がっていると思います。

自分には全然才能がないと思っていましたが、イゾリーナへ異動したときに意外にもキッチンでスムーズに身体が動けて、仕事もこなせるようになっていました。周囲からも「仕事ができるね」と褒められ自分自身の成長が感じられました。 環境が変わったことで、今まで培ってきた力が発揮できて自信にも繋がっていきました。入社後半年間、苦手だったホール業務をした事も自分の経験値となり、大きく成長させてくれました。

グラナダだからできること

ヘルプに行った際に、他店舗で食材の知識や調理のテクニックを教えてもらえることが自分にとって刺激になっています。また自分の希望で異動願いも出せるので、退社しなくても環境を変えることができたり、他業態の本格的な調理を学ぶことが出来るのもグラナダならではだと思います。

そして、9月に会社の研修でイタリアに行かせてもらえる事になりました! 会話が出来なくても単語が聞き取れたり片言でもイタリア語でコミュニケーションをとりたいので、今は語学の勉強をしています。ワイナリーも行く予定なのでワインの品種の勉強も頑張っています。

グラナダのここが好き

良い意味で本当に自由度が高く、色々と任せてもらっていることが気に入っています。堅苦しくない環境で、周囲の方にもよくいじってもらえます笑。店舗スタッフはもちろんですが他店舗のスタッフともヘルプ等で顔見知りになったり仲良くなったり、みんなでご飯を食べに行くこともあります。 それに、まさか自分がイタリアに行けると思っていなかったので、研修生に選ばれて本当に嬉しいです!頑張ってたら良いことがあるんだって思いました!推薦してくれた方々に感謝しています。

イゾリーナ キッチン 加藤 一真

PROFILE

2015年、宮城調理製菓専門学校卒業後グラナダ入社。イゾラスメラルダのホールで半年間勤務後同店舗のキッチンへ異動。
2017年~、イゾリーナキッチンへ異動 現在前菜・ドルチェ場を担当。

今後の目標

将来の1番の目標は地元に自分のお店を開きたい事ですが、近々の目標は後輩を指導し育ててみたいです。自分がして頂いたように技術面でも精神面でも支えられる存在になれたり、次の世代にその気持ちや思いを繋げていきたいですね。

INTERVIEW

pagetop